パソコン豆知識

パソコン豆知識詳細

iPhoneのバックアップは2種類あり、それぞれの利点と欠点


こんにちは Mstyle松本です。

 

スマートフォンもだいぶ普及してきてそろそろ機種変更するって人も多くはなっているのではないでしょうか。そこで、悩むのが以前のスマートフォンで使っていたデータが新しいので使えるのかという点です。

 

簡単に言ってしまうとデータの保存(バックアップ)をする事である程度のデータを引き継いで使用することは出来ます。

 

ですが、そのバックアップというのが実は色々な方法がありまして、アンドロイドのスマートフォンとiPhoneによってやり方が違かったりするのです。

 

今回はiPhoneの場合の説明を簡単ですが、していきたいと思います。

 

そのやり方には二つの方法があって、

 

一つは、iCloudというアプリを使いiPhoneのみでバックアップする方法があります。

この方法はiPhoneだけを使用するので手軽という点がとても魅力的ではあるのですが、もちろん欠点もあります。

それは、まずwifiという無線のネット回線が使用できるという状況が必要である事。そしてもう一つが、パソコンを使ったバックアップよりも保存できる項目が少ないと言う事。更にバックアップ出来るデータの量に限度があるという点なのです。

この制限されているデータが実は必要なやつだったとかですと、困ってしまうという状況があったりすると思いますので、バックアップする際は必要なものが全部出来るのか確認が必要ですね。

icloud

 

 

二つ目は、パソコンとiPhoneを接続してiTunesというソフトを使用してバックアップする方法があります。

こちらの方法はパソコンにデータを保存して新しいiPhoneにした時接続する事でデータを引き継ぐのでかなり多くのデータを引き継ぐ事が出来ます。ですが、やはりこちらでも欠点はあって、一つは手間が多いと言う事、そしてもう一つが、新しいiPhoneとの接続ですので、パソコンとの相性等で認識されない等のトラブルがあったりするという事です。このトラブルを解決するにも時間はかかると思うので、その辺を考慮してどちらの方法を使うのがいいのかとかを考えるのが一番だと思います。

itunes

 

結論的にはどちらの方法も利点と欠点があると思いますので、出来ればどちらも出来る状態にしておき、臨機応変に対応するのが適切だと思います。

まぁ何事でもトラブルが起こったときはとても悩むし難しい事が多いと思いますので悩んだら相談するというのが一番だと思います。

M style

電話番号 090-9676-7555
営業時間 10:00~21:00

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Kf2BwN
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る